Read more

人工子宮で羊の胎児を4週間生育することに成功

フィラデルフィア小児病院のチームは、人工子宮でヒツジの胎児を育てることに成功したと発表した。ジップロックのような袋の人工子宮で、8匹の羊の胎児を育てた。人工子宮に4週間入れ、その間ヒツジたちは正常に生育している。これは受精後すぐに人工子宮に入れたのではなく、妊娠100日以上のヒツジの胎児を母体から取り出して実験をしている。ヒツジの胎児を4週間人工子宮で育てた後に、袋から出し(出産?)、人工呼吸器を付...

Read more

過去に行われた核実験のビデオがYouTubeで公開された

カリフォルニア州リバモアにあるローレンス・リバモア国立研究所は、1952年に核兵器の研究開発を目的として設立されている。この研究所では過去に行った核実験の膨大な資料がある。映像に関してはフィルムのために後世に残せない。そこで研究所ではプロジェクトを立ち上げ、アナログのフィルムをデジタル化していった。そして機密扱いだった映像をデジタル化して公開している。プロジェクトチームは、物理学者、フィルムの専門家、...

Read more

衝撃!ブラジルで半魚人が現れる!

男性の腕は鱗に覆われている。これは半魚人?実はこの男性、火傷の治療を行っている。昨年、ニュースになっていたがブラジルでは火傷の治療に魚の皮を使うことにした。治療に使うのは淡水魚ティラピアの皮で、とある研究所で始まった。まだ治験の段階で、2018年までには100人ほどに治療を行う予定である。この治療のメリットだが、火傷をした患者にとっては痛みの軽減と治癒日数の短縮、さらに費用が安く抑えられる。数年後、この...

Read more

『スパイ・イン・ ザ ・ワイルド』のロボット

BBCの動物ドキュメンタリー番組『Spy in the Wild(スパイ・イン・ ザ ・ワイルド)』に使われているロボットは、実に精巧な仕上がりとなっている。動物たちに警戒されたらその使命を果たさないことになるからである。このリカオンだが実に24個所もの可動パーツを持っていて、スムーズで自然な動作をする。野生のリカオンが近づいてきたら、前足を折り、頭を低くして歓迎のポーズをとる。尻尾を振ったり、鳴いたりもする。このロボ...

Read more

ボストン・ダイナミクス社、今度のロボットはローラースケート付き

ボストン・ダイナミクス社といえば奇妙な動きの四足ロボットを思い浮かべるが、開発中のロボットは今までとは趣きが異なる。足にはローラーが付いている。移動は高速、さらに驚異のバランス感覚が備わっている。ボストン・ダイナミクス社、元々は軍用目的でロボットを開発していたが、一般多目的用ロボットの開発を進めている。このロボットは倉庫内で仕事を行うことを目的に開発されたそうで、とっても働き者?らしい。映像が不鮮...