Read more

プーチン大統領がピアノを弾く

「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラムに出席するために北京を訪れたプーチン大統領だが、習近平国家主席との会談前の待ち時間にピアノ演奏を披露した。プーチン大統領と言えば強面のイメージがあるが、こんな一面も持っていた。隠れた才能だろうか?<youtube link>...

Read more

恐竜 VS マタドール

闘牛にはさまざまなスタイルがあり、闘牛の本場であるスペインでは、闘牛士が牛を殺して終了となる。お隣のフランスでも一部の地域でスペイン式の闘牛が行われている。当然ながら、牛が殺されることは残忍な行為なので反対する多くの人や団体がある。FLACはフランスの反闘牛団体で、牛を恐竜と入れ替えた動画を製作した。恐竜を登場させたのは、「時代遅れの光景」であることをアピールするためである。<youtube link>...

Read more

クリスティアーノ・ロナウド空港が誕生!ところが・・・。

サッカー界のスーパースター「クリスティアーノ・ロナウド選手」、彼はポルトガル領のマデイラ諸島出身で、彼の功績を称えて島の空港の名前が「マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港」に変更された。記念式典があり本人も出席した。ところが、空港に新たに設置された銅像に問題あり。全くロナウド選手に似ていない。どちらかといえば、不気味な感じがしてしまう。早速インターネット上では銅像とロナウド選手の写真を合成した...

Read more

「恐れを知らない少女像」が撤去中止

ウォール街のシンボルとして知られる雄牛の像の前に立つ「恐れを知らない少女像(Fearless Girl)」が、来年の2月まで設置され続けることになった。この像は彫刻家のクリステン・ビスバルさんが制作し、今年の3月8日の国際女性デーにあわせて設置された。短期間のみということだったが、撤去反対の運動が高まり撤去が延期されていた。「チャージング・ブル」もこの決定に喜んでいるかもしれない。ただし、この雄牛の制作者はお...

Read more

バンクシーがパレスチナ自治区にホテルを開業

イギリスの覆面グラフィティ・アーティストのバンクシーがパレスチナのベツレヘムにホテルをオープンした。ホテルの名前は「ウォールド・オフ・ホテル(壁で隔てられたホテル)」。部屋数10室ぐらいのこぢんまりとしたホテルだが、バンクシーワールドが満載している。ホテルの壁には、芸術家バンクシーの作品が至るところに描かれている。ギャラリー、ミュージアムもある。ホテルはイスラエルとパレスチナを分ける壁のすぐ横に建設...