Read more

海に潜ったらトドの群れに囲まれてしまった

北海道では海のギャングと呼ばれているトドだが、実はとっても人懐っこい海のワンコだった。カナダSeaproof.TVのダイバーがブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー島沖に潜ったら、トドの群れにもみくちゃにされてしまった。野生動物のドキュメンタリーを製作する人の解説では、大きなオスがダイバーに近づき泡をふいたのは、「俺がここのボスだ」ということを示す行為らしい。俺たちの縄張りに何しにやってきたみたいな態度...

Read more

天才的なハナグマ、四目並べで人間を圧勝

ドイツで動物のトレーナーをしているニコルさんと、飼育しているハナグマのサニーが古典的なゲームConnect Four(カウントフォー)をしている。勝者はサニー。サニーは色を識別し、コインを手と鼻を使って上手に入れている。ハナグマの鼻はとても器用に動く。流石である。<youtube link>...

Read more

枝が折れて高い木から子パンダが転落、そして逃げた

ここは四川省成都市の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地だろうか?子パンダが木のてっぺんまで登っている。やんちゃなので致し方ないかもしれないが、この子は重力の法則を無視していた。枝がボキッ、子パンダは転落していく。たまたま飼育員さんがいてキャッチしようとしたが、手をすり抜けで地面に落ちた。けっこうな高さからの転落なので、もしも飼育員さんが受け止めていたら、怪我をしたかもしれない。地面に落ちた子パンダ...

Read more

深い井戸から子ゾウをレスキュー・インド

インド南部のタミルナドゥ州にある村で、鳴き声から森林当局の職員が深い井戸に落ちている子ゾウを発見した。井戸はもう使われていないので水はないが、深さが15メートルもある。子ゾウといっても10才なのでかなりの体重があり救出には困難を極めた。救出には人と機材と用意することから始めた。獣医師が子ゾウに餌を与えたが、その中には鎮静剤は入っていた。子ゾウが落ち着いたところで4人の森林当局の職員が井戸の中に入り、子...

Read more

インドサイが夜の通りを散歩している・ネパール

絶滅危機種であるインドサイが、夜にソウラハ村のメインストリートを散歩している。この村は有名なチトワン国立公園の近くにあり観光拠点となっている。インドサイは国立公園からやってきたと思われる。何が目的だったのだろう?動画はイングランドから休暇を使ってやってきた観光客が撮影したものである。こんなにも近くで見られてラッキー。インドサイは20世紀の前半には200頭以下になったが、保護活動の成果で現在は2500頭ぐら...