Read more

今週の面白動画 2015:1:31

この動画はスーパーボウルで放送されるバドワイザーのCMで、昨年のCMの続編みたいな感じになっている。可愛い子犬がある日ひょんなことから迷い犬になって遠くまで車で運ばれてしまう。オーナーは心配して「迷い犬」のポスターを町中に張る。一方、子犬はなんとが家に帰ろうとし、家の近くまでやってきたがオオカミが現れる。このピンチを救ったのは?youtube linkポーランドのある川で黒いラブラドールが冷たい水に落ち身動きが取...

Read more

墓から出てきた『ゾンビ・キャット』・米フロリダ

米フロリダ州で、自動車にひかれて死んだと思われた猫が、埋葬から5日後に自力で地中から這い出し、自宅に戻るという出来事があった。猫はオスで名前は「バート」、地元の動物愛護団体は彼のことを「ミラクル・キャット(奇跡の猫)」と呼んでいるが、ソーシャルメディアでは「ゾンビ猫」という愛称も付けられている。「バート」は先週、路上で血を流して横に倒れているのを飼い主のエリス・ハトソンさんが見つけた。呼んでも反応...

Read more

バイキングの火祭り「ウップヘリーアー」英シェトランド諸島

英国スコットランド北方のシェトランド諸島最大の町ラーウィックで27日、バイキング時代の遺産を記念する火の祭典、ウップヘリーアー(Up-Helly-Aa)が開催された。バイキングの格好をした人たちが町を行進し、夜には「ロングボート」と呼ばれるバイキングの帆船にたいまつを投げ入れ、大きな炎が燃え上がると祭りは最高潮に達した。ヨーロッパでは最大の火祭りとも言われ、毎年1月の最後の火曜日に行われる。ラーウィックの通りを...

Read more

アンジェリーナ・ジョリーさんが、難民キャンプを訪問した

25日、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、イラク北部クルド人自治区ドホーク近郊の難民キャンプを訪問した。ジョリーさんは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務めている。ジョリーさんは、「今日ここで目にした現実に衝撃を受けた。2007年から5回目の訪問になるが、これまでになく状況は悪化している。国際社会はシリアとイラクの紛争から逃れてきた市民を保護する義務を怠っている。」とコメント。2014年にUNHC...

Read more

今週の面白動画 2015:1:24

米ウォルト・ディズニー社の研究開発組織であるディズニーリサーチは、スイスのチューリッヒ工科大学と共同で、「Beachbot」と呼ばれるロボットを開発した。このロボットは砂浜を行き来することで巨大な地上絵を描くことができ、人類の手を借りる必要はない。三つの車輪を持つウミガメ型ロボットは、空気を入れられる「バルーンタイヤ」により人類を魅了する。このバルーンタイヤは空気を入れられる風船によって作られており、地上...

Read more

炎の中に映る馬のシルエット「聖アントニオ祭2015」・スペイン

スペイン中部にある人口およそ600人の小さな町サンバルトロメ・デピナレスで16日夜、動物の守護聖人とされる「聖アントニウス」をたたえる「聖アントニオ祭」の前夜祭が開かれた。この伝統の儀式は「ルミナリアス」と呼ばれていて、馬に乗った人たちが燃えさかるかがり火の中を駆け抜けた。◆日本のテレビの取材があったようだ。(この衣装は?)馬のたてがみと尾は、火が燃え移らないよう丁寧に編み込まれていて、馬の全身に水がか...

Read more

今週の面白動画 2015:1:17

その風貌や名前からカバをバカにしてはいけない。カバは特に水中では素早い動物である。成体のカバは体重が約2700キログラムにもなる。カバの縄張りに近づくと、ボートを転覆させる力がある。地上では、カバのスピードは時速23キロに達する。このカバは、ボツワナのチョベ川に生息していて、冒険心からか、威嚇のためなのかその縄張りに少しでも近づきすぎたサファリボートを躊躇なく攻撃した。野生動物保護協会によると、推計12万...

Read more

今週の面白動画 2015:1:10

フランスの首都パリで7日、武装した男が風刺週刊紙シャルリー・エ­ブド本社を襲撃し、警察官2人を含む12人を殺害した事件で、容疑者2人をとらえた­映像である。犯人の動きを見ると、非常に冷静に行動していて訓練を積んでいることがわかる。(注意!・・・ショッキングな映像も入っている。)youtube linkベトナムの若手俳優たちの「ドラえもんシリーズ」、その第二弾。今回は新たなキャラクターも登場している。youtube linkイン...

Read more

中国の忠犬・前足で車イス押す姿が感動的

河南省洛陽市の道端で靴の修理をしている馬さんは下半身が不自由だ。自宅から、店を出す場所までの約1キロの道のりを、自転車のタイヤで作った簡単な車いすで1時間以上かけて移動する。そんな馬さんが坂道を登る際、背中を押してくれるのが、馬さんが飼っている忠犬だ。馬さんは靴の修理を始めて40年。街の「風物詩」となり、馬さんの横には常に忠犬の姿がある。現在、馬さんの「相棒」を務めているのは2歳のメスの雑種。名前はな...