Read more

2016年・失敗動画集

動画の醍醐味は失敗動画にある! 人でも動物でも失敗動画は大ヒットしている。これらの動画がヒットするのは、ただ単に見ていて面白いという理由もあるが、誰かの失敗や苦痛を喜んでしまうという心理を人は持っているから?さて、『FailArmy』というユーチューバーは常々失敗特集をアップしている。2016年も多くの失敗が記録されている。<part1><youtube link><part2><youtube link><動物の失敗><youtube link><女...

Read more

超現象!100台のメトロノームが同調する

100個のメトロノームを一斉に動かす。最初はバラバラな動きをしているが、あら不思議、段々と同調して同じ動きになる。思わず見とれてしまう。実験を行ったのは東京理科大学で、動画は昨年アップされていたが、最近、海外のサイトで紹介されている。なぜ同調するのだろう?まずはどのメトロノームも同じテンポにセットされている。動画をよく見るとわかると思うが、すべてのメトロノームは一枚の板(台)に乗っていて、板は四隅が...

Read more

我が子のために食べ物を持ち帰るワンコ・タイ

場所はタイのバンコク。男性の横で物欲しそうにしている痩せた犬がいた。なかなかその場を離れないので、男性はその犬に串を一本与えたそうだ。すると、その犬は串を食べずに口にくわえたまま走り出した。男性が気になって後を追いかけると、犬がたどり着いた建物の奥から待ちわびていたかのように4匹の子犬たちが勢いよく飛び出してきた。この母犬はもらった食べ物を食べずに子犬たちに持ち帰っていた。愛情のの深さ人も犬も変わ...

Read more

「世界一高い橋」が開通・中国

下を流れる谷川からの高さは、驚きの565メートル。同時多発テロの跡地に建てられた1 ワールドトレードセンターよりも高い。まさに雲の上の橋である。先日、中国南西部・貴州省の山間部に貴州省と雲南省を結ぶ「北盤江大橋」が開通した。(橋は今年の九月には完成していた。)全長1341メートルで総工費は10億元(約168億円)。これにより今まで五時間かかっていた道のりが一時間ですむようになったらしい。中国では開発が遅れている...

Read more

これがロシアの日常? 泥酔している労働者

酷寒の地に住むロシア人は仕事を始める前に体を温めるためにウォッカを飲んでから働く。そんなありえないような話を聞いたことがあるが、どうやら本当かもしれない。確かに寒さ対策としてアルコールは血行をよくするので、とっても手軽である。動画が撮影されたのは北極圏最大の都市であるムルマンスク。コラ半島の北岸に位置していている。民家の窓からのカメラは、泥酔している労働者を捉えている。ゴミの収集だろうか?トラック...

Read more

クリスマスなのに見事に失敗してしまった4歳の女の子

クリスマスの日、4歳のソフィアちゃんはお婆ちゃんにトランポリンでの雄姿を見たいと言われたので、庭にあるトランポリンに上がった。かっこよくジャンプしたがトランポリンは薄い氷に覆われていたので、見事にコケてしまった。ここはコロラド州なので、けっこう冷え込みが厳しい。ソフィアちゃん、決して君は悪くない。悪いのは氷に気が付かなかった大人と、この日の気温だ。<youtube link>...

Read more

この動画が世界中に拡散中・撮影中のモデルに恥ずかし過ぎるハプニングが発生

福岡市でブランド品の買取販売を行っているDIVERSION(ディバーション)というショップの依頼で、男女のモデルが写真撮影を行っていた。途中で男性モデルのズボンが下がってしまうというハプニングが発生したが、男性モデルも女性モデルも全く動じない。凄いプロ根性である。ただし、女性の方は笑いをこらえるのに必死だったらしい。なお、このショップではズボンが下がったポーズを広告用に採用したらしい。<youtube link>...

Read more

液体窒素の中に生きた魚を入れる・ロシア

悪戯か実験か?その境目は微妙な気がするが、これは一応実験というふうに捉えたい。ユーチューバーのドミトリー・シーロフさんはクラスノヤルスク市に住んでいる。この都市はシベリア中部にありエニセイ川の河畔に広がっている。彼は冬になると凍った池で魚も凍ったまま冬眠していることを、実証してみることにした。さっそくスーパーに行き、生きた鯉を買ってきた。液体窒素に入れた鯉はすぐにカチンカチンに凍ってしまった。そし...

Read more

2016年:日本のベストコマーシャル

メイドインジャパンは信頼度が抜群? 日本のTV-CMを海外に紹介しているサイトが「2016年 日本のベストCM」を公開したところ、海外で話題となっていて色んなサイトで紹介されている。日本のコマーシャルは奇抜で不気味で最高のセンス!製品も信頼できると評価されている。<youtube link>...

Read more

南極の海底は実にカラフルだった

南極という言葉から何の色を連想する? 誰もが雪と氷の色である「白」だと思う。地上は白い世界であるが、海底は実にカラフルな世界が広がっていた。動画を公開したのはオーストラリア南極局で、調査の一環として海底にカメラを持ち込んだ。分厚い氷に穴を開けると、アザラシが出迎えもあり、機材とダイバーが海の底に向かった。海底にはたぶん棘皮動物(きょくひどうぶつ)と思われるが、とてもカラフルな生物がひしめき合ってい...