Read more

【閲覧注意!】口の中からある生き物が飛び出す!

髭を生やした男性がカメラの前に。自慢の髭をさすりながらおもむろに口を開ける。口の中からは何と黒いサソリが出てくる。これは「絶対に真似をしないで下さい」ではなく、誰も真似はできない。彼は、ハロウィーンに間に合うように撮影をしたそうだ。<youtube link>...

Read more

クマのプーさんは腹ペコだった・ロシア

ロシア連邦中部の都市ニジネヴァルトフスクで面白い状況が起こった。腹ペコなクマさんが食料を狙って窓からトレーラーに侵入しようとした。ところがお腹が邪魔をし、窓枠で身動きができなくなってしまった。地元の労働者が窓にくっついたクマを見つけた。クマを麻酔で眠らせワイヤーを使って引っ張り出した。不運なクマの運命は分かっていないが、たぶん森に返されたと思う。<youtube link>...

Read more

母性愛は種を超える・ロシア

以前にニャンコがハリネズミの赤ちゃんを育てたことで話題になったウラジオストクのサドゴロド動物園で、今度はワンコがヒョウを育てている。テッシーと名付けられたゴールデンレトリバーは、子猫のママになった。(ヒョウはアムールヒョウではなく、アフリカのヒョウ)前回、ヒョウの母親は産んだ赤ちゃんを殺したので、今回は赤ちゃんを母親から離すことにした。そこで、こころよくママになってくれたのがテッシーだった。テッシ...

Read more

世界最速のサッカー選手?(インドネシア)

世界最速のサッカー選手ではないだろうかと話題になっている選手がいる。インドネシアのプサマニア・ボルネオFCに所属しているテレンス・プヒリ選手で、まだ21歳と伸び盛りである。10月23日の対ミトラ・カクール戦で衝撃のシーンが起こった。相手のミドルシュートを味方がブロックし、ボールは大きく後方に弾んでいった。そのボールをプヒリ選手は超人的なスピードで追いかけ、相手選手より先に触り、さらにゴールキーパーをかわ...

Read more

恐怖!サメが激突して水槽にひびが入る!

水族館での出来事かと思ったが、これは「国際スパイ博物館」の展示物に触れた男性が衝撃に驚かされた瞬間である。国際スパイ博物館は、弓矢の時代から現在のスパイ衛星までのあらゆるスパイに関する資料を展示している博物館で、ワシントンD.Cにある。このアトラクションには「Touch at Your Own Risk」(自己責任で)と書かれているが、誰もが画面に触れたくなる。触れるとサメが襲ってきて、画面にひびが入る。男性は大きく飛び...

Read more

ハロウィーン・ライト・ショー・2017

カリフォルニア州トレーシーにあるム・ベットジョージさんの家では今年もハロウィーン・ライト・ショーを行っている。音楽教師であるトムさんは、クリスマスとハロウィーンでは、自宅を派手なイルミネーションで飾る。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の挿入歌「This is Halloween」に合わせ、特大のライトアップキーボードとギター、光のビームが圧巻。トムさん、当初は全く個人で自宅をライトアップをしていたらしいが、...

Read more

ギネス世界新記録?245人同時にバンジージャンプ・ブラジル

ギネス記録は人類が試みることができるすべてのチャレンジを無限に拡大している?サンパウロ州オルトランジアで、世界記録更新を目指して245人が高さ30mの橋から一斉にバンジージャンプを行った。参加者たちは、互いの体をロープでつないだ状態でジャンプし、飛び出た人々はまるで巨大なヘビがゆらゆらと揺れているように見える。ちなみに、これまでの最高記録は149人同時のジャンプだったらしい。<youtube link>...

Read more

これは怖くない、むしろ可愛い・赤ちゃんサイの攻撃

このサイの赤ちゃん、ツノがまだ生えていないが野生の本能はすでに目覚めている?何度となく観光客が乗った車にチャージをかけている。道路の横にいるママが突進してきたら恐怖だが、この赤ちゃんの突進は可愛い。<youtube link>...

Read more

米ワシントン州にT・レックスがファミリーで生き残っていた

ワシントン州オーティングという小さな町に奇跡的にT・レックスが生き残っていた。それも1頭ではなく、家族を形成している。実は長女が学校から帰ってくるので、一家でコスプレしてお迎えをすることにした。両親は子どもたちに、勉強も遊びもハードに、そしてこのビデオのように人生を真面目に考えすぎないことを望んでいる。<youtube link>...

Read more

これは地球外生命体だろうか?気味の悪い虫に騒然!

動画がアップされてネット上では騒然となっている。一見、蛾のように見えるが腹部から毛の生えた巨大な触手のようなものが伸びている。この虫の正体は「クロスジヒトリ(Creatonotos Gangis)」という蛾で、この蛾のオスは特殊なパイプを持っており、これを交尾の時期にメスをフェロモンでおびき寄せるために使うらしい。<youtube link>...