FC2ブログ
Read more

「ラブ・マガジン」のクリスマス・アドベント・カレンダー2017<パート6>

2017年も今日で最後。今年も様々な出来事がありました。パンダの誕生から北朝鮮によるミサイル発射、大相撲問題まで。いよいよ明日からは2018年。来年はどんな年になるのだろう?さて、クリスマスといっても25日に終了するわけではなく、年末まで続くアドベントカレンダー。26日目は「シアラ」、27日目は「ジョアン・スモールズ」、28日目は「エルザ・ホスク」、29日目は「ハナー・ファーガソン」、30日目は「カミ・モローネ」」、...

Read more

10年間のセルフィー写真をタイムラプスで

ジョーダン・ウィルソンさんは13歳5ヶ月から毎日写真を撮り続けている。ちょうど10年たったので、動画をYouTubeにアップした。そこには少年だったウィルソンさんが立派な大人に変身している。なお、7 年前にはセルフィー1000日目を、5年前には5年間のセルフィー動画をアップしている。たぶん今後もセルフィーを続けると思われるので、次のアップは5年後だろうか?<youtube link>...

Read more

スローモーションで笑うワライカワセミは悪夢

ワライカワセミをご存知だろうか?オーストラリアに生息する大型のカワセミで、人が大笑いしているような声で鳴く。このワライカワセミの鳴き声をスローモーションにしてみると、とても恐ろしく聞こえてしまう。<youtube link><通常バージョン><youtube link>...

Read more

【トップ10】 最も印象的なクルーガー国立公園での動画 2017

世界有数の広さを誇るクルーガー国立公園には、「ビッグ5」と称されているライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローをはじめ、さまざまな野生動物が生息している。野生の世界なので日々生死をかけたドラマが数多く展開されているわけだが、偶然というべきか運よくというべきか、中にはカメラに収まったドラマもある。ここで撮影された映像を公開しているYouTubeチャンネル「Kruger Sightings」では、2017年に目撃された印象的...

Read more

ルーカス・ザ・スパイダー

蜘蛛が嫌いな人でもルーカスを見たら、きっと蜘蛛が大好きになるかも?お目目ぱちくりのルーカス君は表情が豊かで動きも素早い。声も可愛いぞ。動画の制作者はジョシュア・スライスさん。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオでズートピアの制作に携わった方で、いわばその道のプロである。試作ということで動画をアップしているらしいが、完成度は超高い!<ルーカスに会おう><youtube link><冷たい窓から><yout...

Read more

とってもフレンドリーなペンギン・ニュージーランド

ニュージーランド南部に生息するキマユペンギン(フィヨルドランドペンギン)は、黄色くて厳つい眉を持ってはいるが、実はとってもフレンドリーなペンギンだった。道行く男性に対しては、道路を横断して挨拶にいく。トライブ中の女性にも挨拶している。キマユペンギンは森の中で繁殖をし、そして群れないことでも知られている。このペンギンは本当に人懐っこいのだろうか?ペンギンは警戒心が薄く、好奇心が強い。敵なのか味方なの...

Read more

「ラブ・マガジン」のクリスマス・アドベント・カレンダー2017<パート5>

メリー・クリスマス!いよいよ本日で動画のアップも終了かもしれない。(昨年は年末までアップが続いたので、ちょっぴりは期待していいかも。)20日目は「イリーナ・シェイク」、21日目は「アレッサンドラ・アンブロジオ」、22日目は「テヤーナ・テイラー」、23日目は「ロミー・ストリド」、24日目は25日公開のトレーラー、25日目は、「フォトグラファーのランキン氏によるザ・マペッツ」となっている。過去記事・・・part1 part2...

Read more

シリアの磁石少年

おなかに金属をくっつけてしまうシリアの少年がいる。まるで磁石のようなおなかの持ち主の名前はズリフィカル・イブラギム君。ズリフィカル君は自分のおなかがこういう力を持っていると知ったとき、ものすごく驚いたと話している。疑問視する声もあるが、過去にも生体磁力を持つ人類が存在していた。彼は本物だろうか?<youtube link>...

Read more

赤ちゃんが寝ているベビーベットをやさしく揺らす柴犬・香港

柴犬のチコは1才で、香港で飼われている。つい最近、彼に弟ができた。弟といっても人間の赤ちゃんで生後八日目、名前はレオナルド君。チコはレオナルド君のことが大好きでいつもそばから離れない。レオナルド君がベビーベットで寝ていると、やさしくベットを揺らしている。<youtube link>...

Read more

この悪戯は非常に痛かった・イギリス

地下鉄ロンドン・ブリッジ駅のエスカレーターで、時間の短縮を試みた男性がいた。しかし、悪戯防止のために設置してある突起物に股間を打ち、さらには転落をしてしまった。サッカーのユニフォームに身を包んだこの男性の名前はフレディ・アンドリュース(22)さんで、この悪戯をした時はかなり酔っていた。そのため痛みはほとんど感じなかった。でも、次の日の朝目が覚ますと、痛みで起き上がれなかった。仕事は休んだらしい。<yo...