Read more

雪崩が車を襲う!

自動車保険は雪崩をカバーしているのだろうか?日本ではOKだがロシアではどうだろう?ロシア連邦、カバルダ・バルカル共和国の南部に位置しているエルブルス山、その山麓で雪崩が起こり、駐車してあった車を襲った。幸いなことにこの事故で怪我をした人はいなかった。<youtube link>...

Read more

世界で最も人口密度の高い島・コロンビア

コロンビアの海岸から船で2時間ほど離れたところに、1200人以上もの人が住んでいる島がある。島の名前はイスロテ島(正式にはサンタ・クルス・デル・イスロテ)で、広さは野球場一つ分(約1ヘクタール)しかない。ひどく混み合った島で、米ニューヨーク、マンハッタンの人口密度の約4倍にもなる。島での生活環境は厳しい。海産物には恵まれているが、それ以外の食べ物と日用品はすべて船で運んでこなければならない。島には飲料水...

Read more

喫煙するゾウ?

ちょっと衝撃的な映像はWCS (Wildlife Conservation Society・野生動物保護協会)が公開したものである。WCSは1895年にアメリカのニューヨークにあるブロンクス動物園において創設され、世界中の野生動物や原生自然を守るために、科学的な調査に基づいた保全活動や環境教育などを行っている。WCSではインドのナガラホール国立公園でトラの生態を観察するためにカメラを設置しておいたが、トラではなくゾウの奇妙な行動が記録されて...

Read more

アッパレ!ヌンチャクお父さん

米サウスカロライナ州のテイラーズにお住いの男性、ヌンチャクの腕前を披露したいと思っている。地面にヌンチャクを置き、足で蹴り上げて手に持つ。そんなかっこいいオープニングをしたかったのだが、なんど蹴り上げても手に持つことはできない。七回目にやっと手にすることができた。これではヌンチャクの腕前は?ところが、凄かった。ズボンのポケットに忍ばせていたヌンチャクも取り出し、二刀流までやってのけた。このお父さん...

Read more

ネバーギブアップ!根性で克服!

大それたタイトルにしてしまったが、男性が克服したのは小さな坂道。ロシアの都市ロストフ・ナ・ドヌで通りを歩いていた男性がいた。路面が凍結していたので滑ってしまいなかなか前に進まない。何度かチェレンジするが、すぐにフレームから消えてしまう。諦めるのかなと思ったが、この男性は諦めなかった。遂に困難を克服!<youtube link>...

Read more

アキラ100% は世界に翔く?

「見えそうで見えない」裸芸は、日本だけに留まるのは惜しい。活躍を世界の舞台に飛躍すべきだ。そんな考えがあるのかは分からないが、新ネタを動画にアップしている。年末では「ニュートンの振り子」、今回は「アキラ100% 振り子ver.2 」を発表している。しっかりと振り子とシンクロしていて、見えそうで見えない。ver.2 では英語のタイトルも併記していて、すでに海外のサイトで紹介されている。<アキラ100% 振り子ver.2><y...

Read more

フィリピンの電子看板で間違った映像が

フィリピンのマカティ市にある電子看板(デジタルサイネージ)で、間違った映像が流れてしまった。これは単純なミスだと思う。あるいはハッカーが電子看板をハイジャックしてアダルトコンテンツを流したのか?<youtube link>...

Read more

二本足で歩くゴリラ、理由は綺麗好きだから?

まるで人間のように二足歩行するゴリラは、米ペンシルベニア州「フィラデルフィア動物園」で飼育されている雄のゴリラ「ルイス」(18歳)君。ゴリラは二本足で歩くことができるが、ルイスの場合はその頻度が多い。その理由だが、動画のように手に食べ物を持っている時、さらにルイスが凄いのは、地面が泥だらけの時に手を汚さないように2足歩行をする。ルイスは超綺麗好きのゴリラなのだ。<youtube link>...

Read more

パトカーのサイレンを完璧に真似るオーム・・・、ではなくて人間

緊急自動車のサイレンは国によって違っていて、オーストラリアのパトカーはこんな音を使っている。音源は若い男性で、これって人間技とは思えない。口の中に小さなスピーカーが入っているの?納得の音にするために5年間かかったと彼は言っている。参考までに本物と比べてみよう。<youtube link><本物のパトカー><youtube link>...

Read more

【おもロシア】 ロシアではクマも投票している

ロシア大統領選では予想通りプーチン氏が圧勝した。プーチン氏は2000年に初当選して4年、再選されて4年、大統領職再登板の1期目で6年、このまま2024年まで統領職を務めると計20年にも及ぶ。首相時代も実質的に権力を握っていたので、四半世紀もトップでいることになる。こんなのあり?さて、バイカル湖北端の都市セヴェロバイカリスクでは、クマが大統領選の投票場にやって来た。先日に冬眠から目覚めたばかりで眠たそうな様...