FC2ブログ
Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

恐怖のハンググライダー

男性は休日にスイスを訪れハンググライダーに挑戦することにした。インストラクターと一緒に大空を飛び、眼下に映し出される壮大なパノラマを楽しむはず・・・・・だったが、初歩的と言うべきか致命的と言った方がいいのか、男性の体とハンググライダーを繋げるハーネスが取り付けられていなかった。ハンググライダーが地面から離れると、男性はハンググライダーのフレームにつかまるしかない。二分以上も恐怖の飛行が続いたが、な...

Read more

種は違っていても大の仲良し!

動画はボーランドのズブロスワビツェという舌をかみそうな名前の町で撮影された。大型犬のイーサンは、子馬のブルーロと大の仲良し。互いに鼻をすり寄せ、親愛の情を深めている。種が違っているのに何故仲が良いのだろう?体毛が同じ色だから?<YouTube link>...

Read more

後ろにゾウがいるゾウ!

ここは南アフリカ北部にある「ホンドロサファリ&ビラ」というプライベートサファリ。後ろにアフリカゾウがいるのに悠然とツーショットをしているのは、ここでツアーガイドをしているイヴァン・アッカーマンさん。実はこのゾウ、ロッジのプールを頻繁に訪れる常連客。以前にその様子を撮影した・アッカーマンさん、今度は自らがプールに入って撮影をすることにした。<YouTube link><ゾウがプールにやってくる><YouTube link>...

Read more

クマが民家に侵入!室内の男性はクマに気付いていない!どうなる?

初めてこの動画を見た時はドキッとした。クマの侵入に気付かない男性が、窓辺に立っている。大惨事!になると誰もが思ってしまうが、クマは男性の肩に手を回す。アレレ!このクマさんの名前はセミヨン、かなり大きいように見えるが生後19カ月。セミヨンのオーナーは、ユーリ&スヴェトラーナ・パンテレンコ夫妻。長年、ステパンと名付けたクマを家族同様に飼っている。セミヨンはステパンの息子で、父親同様にとってもフレンドリ...

Read more

悪夢!倉庫の棚が巨大ドミノと化してしまった

フォークリフトがちょっとだけ棚に触れてしまっただけで、棚に積まれた段ボールがドミノの様に次々と崩れていく。正に恐怖の連鎖反応が起こってしまった。ダンボールの中は何かの商品が入っていると思われるが被害は甚大。どこの国で起こったのか、怪我人についても不明。<YouTube link>...

Read more

このクラゲのニックネームは「サイケデリック・メドゥーサ」

米海洋大気局(NOAA)の研究者がプエルトリコの海中で撮影に成功した。このクラゲは、胴体が赤紫色に輝き全方向に触手を伸ばしている。このようなスタイルの方が餌を採るのに効率が良い。学名は「クロッソタ・ミルセ」、2005年に北極海の深海で捕獲され、その後の研究でカリフォルニア沖とハワイ沖でも観察されたと発表されている。かなり広範囲の海洋に生息しているようだ。ニックネームのメドゥーサは、見たものを石にし、髪...

Read more

世界で最も怖いもの知らずのラーテル

無鉄砲で無謀で命知らずで向こう見ずな動物ラーテル。自分よりはるかに体の大きい相手に対して全く怯むことがない。ちなみに相手は百獣の王だけど・・・。「ポコポッテイト」のムテ吉はラーテルをモデルにしていた。ムテ吉のモットーは、「めげない・へこまない・あきらめない」アフリカのサバンナでは、無敵のムテ吉が無茶をしている。<YouTube link>...

Read more

ネコが救出してくれた感謝の気持ちを全身で表している

過去最多の犠牲者が出てしまった米カリフォルニア州の山火事、空気の乾燥と強風のために火の勢いが想像以上だったらしい。さて、消防士のライアン・コールマンさんは、火災現場で作業をしていた時にがれきの中にネコがいるのを発見し救出した。ネコはコールマンさんの肩に乗り、命の恩人に対しての最大限の感謝を示した。<YouTube link>...

Read more

大失敗!氷が張った湖へのジャンプ

この女の子は、氷が割れる爽快な飛び込みが成功すると思っていたが、氷は意外と厚かった。昨夜の冷え込みが厳しかったのだろうか。それとも体重が軽かったため?この時期、湖に飛び込もうとするのはとっても勇気がいるというか、無謀としかいいようがない。これはロシア人にしかできないこと?ここはロシアの首都モスクワ近郊のバラシハという所、雪はないけどすでに冬!<YouTube link>...

Read more

ナニコレ珍百景・ロシアでは生きた毛皮のコートが流行っている!

モスクワ市内にある地下鉄のプラットホーム、電車を待つ若い女性がいる。しかし、普通の女性ではない。彼女の肩にはキツネが乗っている。ペットのキツネと一緒に通勤なの?とってもレアな光景だが、電車の乗客達はさほど驚くでも関心を示すわけでもない。ロシアでは普通のことなのかもしれない。ところで、このキツネは切符を買ったの?それとも無賃乗車?<YouTube link>...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。