今週の面白動画 2014:11:1

a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (1)

5月末から6月にかけて、フランスのローラン・ギャロスで行われたテニスの4大大会、全仏オープン。惜しくもラファエル・ナダルに敗れて準優勝に終わったセルビアのノバク・ジョコビッチだが、そのハートは男前だった。
雨が降るコート。ゲームの合間にベンチに座るジョコビッチに、スタッフの少年が後ろに立ち、ジョコビッチに傘をさす。ジョコビッチは手招きして……。テニス世界ランキング1位の男はハートも1位だった。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (8)

米ニューヨーク の街路を歩く女性がひっきりなしに声を掛けてくる男たちに煩わされる様子を撮影した動画がインターネット上で話題を呼び、女性や少数派の人々に対する嫌がらせ(ハラスメント)をめぐる議論が再燃している。映像は、問題の動画の一部である。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (2)

中国では、SUV車の女性オーナーが、レッカー車を逆レッカーしている。レッカー車が不正駐車のSUV車を撤去しようとしたが、ありえないことが起こった。女性が撤去の合法性を認めず、自分の車に乗り込み、レッカー車ごと走り去ってしまった。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (9)

2014年10月29日、ポーランドのワルシャワ、そこのダウンタウンで起こった最も軽度な列車同志の正面衝突事故。なんでお互いに気付かないのだろう。そんなにスピードが出ていないので、怪我した人は少ないだろう。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (7)

巨大な熊2頭がニュージャージー州の閑静な住宅街で激しく戦っている場面が撮影された。殴り合いをしている2頭の熊が雑草の茂る坂から住宅街の道の上まで転がり落ちてきても、つかみ合いのバトルは続き、住宅街は2頭の戦場となった。6分30秒ほどの映像はここを通りがかった車のドライバーによって撮影された。彼は車内に隠れて車から降りずに撮影したそうだ。
生物学者によると「2頭の熊はともにオスで、当時は殴り合っていたか、遊んでいたのかもしれない」としている。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (4)

こちらも野生動物、南アフリカのクルーガー国立公園で撮影された。ママと赤ちゃんヒョウは、サビー川を渡ることになった。川は流れも速く水量も多いが、ママに続いて必死のジャンプをみせる赤ちゃんヒョウが凄い。きっと、ヒョウのママはわが子を誇りに思っているに違いない。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (10)

何に全神経を集中させているのだろう。多少のことには全く気にせず、ひたすら一点を見つめている。置物と化している。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (6)

この猫はお風呂が大嫌いらしい。ひたすら「ノー」と叫び続けている。なお、かなり発音が良好である。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (3)

あまりの緊張に体が固まってしまう経験は人間でもよくある。これはそんな子犬の動画である。
ジェニーさんの父親は、可愛い子犬を飼っているのだが、この子犬、家族の一員であるダニエルさんが大嫌いなのだという。ダニエルさんの姿を見ると、いつも鬼のように吠えまくるそうで、しかしある日、そんなダニエルさんに抱っこされるシチュエーションが到来してしまった。あまりの怖さと緊張で思わず死んだフリをする子犬。しかしダニエルさんの手を離れると...。


youtube link


a2014-11-1uyfuyfuy+65+65 (5)

10月30日に行われたヤフードームでの日本シリーズ第5戦の9回表、1点差を追う阪神タイガースは、制球難に苦しむソフトバンクホークスの守護神・サファテを攻め、1死満塁と、1打同点・逆転のチャンスに。打席に立つのは、この日、2安打の西岡剛。西岡は、3ボール1ストライクからサファテの投じた5球目に手を出し、1塁の正面を突く速いゴロに。捕球した1塁・明石は素早く本塁に送球してフォースアウト、それを受けた捕手・細川は1塁へと送球したが、その直後、信じられないことが起きた。細川の送球が打者走者の西岡を直撃し、ボールがファウルゾーンへと転がってしまったのだ。


youtube link

これを見た2塁走者の阪神・田上は一気にホームへ。同点かと思われたが守備妨害でアウト。この瞬間に、ソフトバンクの日本シリーズ優勝が決定することとなる。
阪神ファンにとっては納得がいかず、「誤審だ」「ひどすぎる」の声がある。
守備妨害については、西岡がライン上を走っていたので微妙に思えるが、前日の第4戦で、延長10回裏、捕手・藤井が本多の犠打を素早く2塁に投じた際に、2塁塁審・東の下した判定はセーフだったが、こちらは誤審であることが濃厚。


youtube link

最後にこのシリーズで超ファインプレー続出の大和選手のプレー集


youtube link

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する