井戸に落ちたアジアライオンのレスキュー・インド

a2014-11-10The-lion-in-the-well.jpg
◆井戸の中に棚みたいのがあって、そこに立つことができていた。

インド、グジャラート州の村にある井戸にアジアライオン(インドライオン)が落ちてしまった。溺死から救うために必死の試みをした村人たちのおかげで無事に救い出すことができた。
井戸は60フィート(約18m)の深さがあり、幸いなことに棚みたいなものがあり、柱が一本残っていた。この柱に上がることができたので、溺れることは免れていた。


a2014-11-10The-lion-in-the-well2.jpg
◆ライオンにロープをかけている。

ライオンの体には2本のロープがかけられている。どのような方法でロープをかけたかは不明だが、井戸の深さと野生のライオンということでかなり困難な作業に違いない。
ロープを引き上げ、ライオンを無事に救出することができた。この時期にも関わらず、ライオンは良好な健康状態であったが、野生に帰すまでの間、観察が必要なので動物管理センターに送ることになった。

a2014-11-10The-lion-in-the-well3.jpg
◆アジアライオンは良好な健康状態だった。

アジアライオン(インドライオン)は、ナショナルジオグラフィックによると、生息数は200頭から260頭ぐらいで、中東やインドに棲息しているが、中東ではほぼ絶滅していて、インドの野生動物保護区、ギル森林のみに生存している。なお、世界各地の動物園では200頭ほどのアジアライオンが飼育されている。

a2014-11-10The-lion-being-dragged-out-of-the-well4.jpg
◆ついに井戸から引き揚げられた。

a2014-11-10The-lion-after-being-rescued5.jpg
◆トラックに載せられ、動物管理センターに向かう。

a2014-11-10The-lion-after-being-rescued6.jpg
◆救出後のアジアライオン

source


youtube.com
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する