双頭のサンショウウオ・イスラエル

a2014-12-11Lo-and-Behold-a-Two-Headed-Salamander-Tadpole-466931-2.jpg

魚でもないのにウオという名前が付いているサンショウウオ、由来については諸説があるらしい。
過去30年間、両生類の生息数の減少が世界中で起こっている。日本にもサンショウウオが棲息しているが、ほとんどが希少種だったり、絶滅危惧種になっている。


a2014-12-11Lo-and-Behold-a-Two-Headed-Salamander-Tadpole-466931-3.jpg

イスラエルにあるハイファ大学の研究者らが、双頭のサンショウウオのオタマジャクシを発見した。この突然変異の原因として、水質汚染、放射線変化、小さな個体群での近親交配などが挙げられている。
なお、イスラエルではしばしば肢に奇形があるサンショウウオが発見されていた。

a2014-12-11Lo-and-Behold-a-Two-Headed-Salamander-Tadpole-466931-4.jpg

a2014-12-11Lo-and-Behold-a-Two-Headed-Salamander-Tadpole-466931-5.jpg

a2014-12-11Lo-and-Behold-a-Two-Headed-Salamander-Tadpole-466931-6.jpg

source


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する