アンジェリーナ・ジョリーさんが、難民キャンプを訪問した

a2015-1-265iuyufdt (1)

25日、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、イラク北部クルド人自治区ドホーク近郊の難民キャンプを訪問した。ジョリーさんは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務めている。
ジョリーさんは、「今日ここで目にした現実に衝撃を受けた。2007年から5回目の訪問になるが、これまでになく状況は悪化している。国際社会はシリアとイラクの紛争から逃れてきた市民を保護する義務を怠っている。」とコメント。2014年にUNHCRは必要とする資金の半分しか支援を得られなかったと述べ、国際社会に協力を呼び掛けた。

a2015-1-265iuyufdt (2)

ジョリーさんが前回イラクを訪れたのは、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」がシリアとイラクの広域を支配下に置く前の2012年。イラクでは、昨年1年間だけで国内避難民が200万人を超えている。

a2015-1-265iuyufdt (4)

彼女はスピーチの中で、人々がイラクとシリアの彼らの家に戻ることができるように、苦しみを終わらせるために一緒に活動するように世界に対して訴えた。

a2015-1-265iuyufdt (9)

a2015-1-265iuyufdt (6)

a2015-1-265iuyufdt (7)

a2015-1-265iuyufdt (8)

a2015-1-265iuyufdt (9)

a2015-1-265iuyufdt (10)

a2015-1-265iuyufdt (11)

a2015-1-265iuyufdt (12)

a2015-1-265iuyufdt (13)

a2015-1-265iuyufdt (14)

source


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する