ジョージアで大洪水・動物園から動物達が大脱走

a2015-6-15enhanced-buzz-wide-18435-1434280658-7.jpg

ジョージア(グルジア)の首都トビリシで14日にかけて降った豪雨により洪水が発生し、動物園から30頭以上の動物が逃げ出した。動物園によると逃げた動物のうち捕獲できていないのはオオカミ20匹、ライオン8頭、数匹のトラとジャッカル、ジャガーで、この中には射殺されたものも含まれているという。


a2015-6-15enhanced-buzz-wide-20614-1434287008-14.jpg

トビリシは日曜未明にかけて長時間の大雨に見舞われた。市中心部の被害が特に重大だった。動物園も中心部にあった。動物は一部が死亡し、一部が逃げ出した。うちの一部は麻酔をかけられ、動物園に連れ戻された。残りの一部で、特に住民に危険と判断されたものは、射殺された。依然として多くが野放しとなっており、当局は住民に外出を控えるよう伝えている。

a2015-6-15enhanced-buzz-wide-590-1434282367-7.jpg

首都とその近郊では、地下通路や公園、また100戸あまりの庭・一階部分が浸水被害に遭い、データによって異なるが、少なくとも12人が死亡し、24人の行方が分からなくなっている。

a2015-6-15enhanced-buzz-wide-32523-1434287100-7.jpg


youtube link

a2015-6-15original-30523-1434297532-6.jpg

a2015-6-15original-26834-1434297532-9.jpg

a2015-6-15original-3548-1434297532-5.jpg

via
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する