2足歩行のクマが再び現れ、論争になっている

a2015-10-8jhvlh (2)

昨年、このクマが現れた時、「人間がクマの着ぐるみをかぶっているだけ」と思われてしまった。ほぼ二本足で歩行しているからである。今年も、「ペダル」という愛称がついたクマが、ニュージャージー州オークリッジに出没した。今では2本足の「ペダル」について色んなことがわかり、論争にもなっている。
2本足での歩行は、そうせざるを得ないからである。実は前足が負傷しているからである。それもかなり深刻な状況で、もう4本の足での歩行は無理だと判断されている。

a2015-10-8jhvlh (4)

捕獲して保護しようという意見があり、募金等の動きがあった。これは、ペダルが痩せていて、2本足では食べ物の確保が難しいと思われるからである。しかし、動物保護の機関は、捕獲に関しては否定的である。ペダルは去年のとても寒くて雪の多かった冬を生き延びていて、それなりに食べ物を確保している。また、飼育下で生きるよりは大自然の中で生きたほうがペダルにとってベターである。という見解を出している。


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する