9,600万個の「黒いボール」が貯水池に投入された

a2015-10-199tgi3pitg3 (1)

この「黒いボール」は、貯水池の水を蒸発させないためである。また、藻類の増殖も抑制されるという。投入されたのは、干ばつが続くカリフォルニア州ロサンゼルスの貯水池である。
カリフォルニア州では4年前から深刻な干ばつが続いており、ロサンゼルス市ではこのような作戦を2008年から試している。

a2015-10-199tgi3pitg3 (2)

その効果だが、おおむね85~90パーセントの蒸発を防げるという。また、費用の面でも安価である。貯水池をカヴァーで覆うよりかなり安くてすむ。直径10センチのプラスティックボールはポリエチレン製で、中には水が入っている。1個の価格は36セントである。
この動画は今年の8月、ロサンゼルス市長も出席したイベント時のもので、大量のボールが貯水池に投入された。


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する