スキーのW杯でドローンが墜落・選手にぶつかる寸前だった

a2015-12-24oiuyfeqoiyfe (1)

アルペンスキーワールドカップのイタリア大会で、男子回転が行われている最中、オーストリアのマルセル・ヒルシャー選手(26)が落下してきたドローンに衝突されそうになるハプニングがあった。ヒルシャー選手は2014年ソチ五輪の銀メダリストで、前回のワールドカップで優勝しており、今季も連覇を狙っていた。

a2015-12-24oiuyfeqoiyfe (2)

国際スキー連盟はドローンの墜落について「不運な事故」だったとして謝罪している。実際にドローンを飛ばしていたのはスイスの会社で、電波障害でコントロールが難しくなり、意図的に落下させたとコメントしている。
多くの国は、大勢の人が集まるイベント会場でドローンを飛ばすことを禁じているが、イタリアは禁止していなかった。

a2015-12-24oiuyfeqoiyfe (3)

a2015-12-24oiuyfeqoiyfe (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する