ロシア正教会の公現祭、シベリアでも冷たい水に

a2016-1-20rosia (1)

1月19日、ロシア各地でロシア正教の信者達が氷のように冷たい水に漬かる「神現祭、(主の洗礼祭)」の伝統行事が行われた。
ここノヴォシビルスクでは、オビ川の氷を割り信者達が冷たい水で身を清めた。温度はマイナス27Cだったが、同じくシベリアのヤクーツクではマイナス41Cだった。

a2016-1-20rosia (3)

教会としては事前のアルコールを控えるよう警告している。また、30秒以上は身を清めないのがルールらしい。

a2016-1-20rosia (9)

a2016-1-20rosia (10)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する