気温はマイナス36度・男の上に熱湯を注ぐと

a2016-1-21rosia36 (5)

シベリアのソスノヴォボルスク、ここに住む男性がアパートの6階から兄に向ってバケツに入った熱湯を注いだ。外気温はマイナス36度。
極寒の空気に熱湯を放り出すと熱湯は一瞬で蒸発し、さらに、細かい氷の粒に変化してしまう。それで白い煙のように見えてしまう。兄に熱湯が降り注ぐことはなかった。
しかしながら、条件によっては全部の熱湯が蒸発しないので事故も起きている。

a2016-1-21rosia36 (1)

a2016-1-21rosia36 (2)

a2016-1-21rosia36 (3)

a2016-1-21rosia36 (4)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する