FC2ブログ

トナカイとの遭遇

a2013 12 2-o7ytvo7cp7tcct

トナカイは、英語では「レインディア (reindeer)」、北アメリカではカリブー (Caribou)と呼ばれています。
ちなみに、シカ科で唯一、雌雄共に角があります。これは、雪を掘ってエサを得る役割もあるためだそうです。オスの方が、繁殖期における抗争があるのでメスよりも角は大きいです。
もうすぐクリスマス。彼らが活躍してくれないと、世界中の子どもたちが困ります。

a2013 12 2-jytrkyluiuuuuuu

動画ですが、アラスカにやってきて、飛行機に乗り、ボートに乗り、目的地へ。河原でボートを降りたら、赤ちゃんトナカイが鳴きながら近づいてきました。

a2013 12 2-kytrdikyxtrxrxrxr

野生のトナカイが自ら近づいてくるなんて。トナカイは人類が最も古く家畜化した動物の一つ。そう言われている理由がわかりますね。

a2013 12 2-ukytrflyiuuiugyf


source

a2013 12 2-luytltutcccucc

こちらはサンタさんの古里、フィンランドからです。彼は幼くして母親に捨てられ、オーナーに育てられました。オーナーの話だと、普通のトナカイとしての学習をしていないとのことです。人間のように育てられました。
家の中では、慎重に歩き、テレビも大好きだそうです。

a2013 12 2-ytxrwz;iyffd


source






関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する