ヤギの曲芸・中国雑技団も真っ青

a2016-2-16rani (1)

ヤギの曲芸はパキスタンの最大都市であるカラチからで、光沢のある白いコートとシャープな角を持つ二歳の雌のヤギが、積み重ね式の細いスティックに立つという技である。
ヤギがとっても優秀な登山家であることはご承知のことと思うが、この「ラニ」という名のヤギ、驚異的なバランス感覚である。彼女が立つスティックの面積は、テニスボールの断面より狭い。

a2016-2-16rani (2)

彼らはストリートパフォーマーで、この曲芸を披露して観客からお金を貰う。「ラニ」の調教師であるオスマンさん、以前にはサルを使ってパフォーマンスを行っていた。しかし、あいにくサルは病気になってしまった。そこで、「ラニ」に曲芸を教えた。サルの時よりも収入が二倍になったという。

a2016-2-16rani (3)

「ラニ」を1000ポンドで売ってくれという申し出があったが、オスマンさんは断った。「ラニ」の本当のオーナーは他にいるのだけど、「ラニ」は私の娘のようなものと、「ラニ」以外に7人の子供がいるオスマンさんは言っている。

a2016-2-16rani (4)

a2016-2-16rani (7)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する