クトナー・ホラのセドレツ納骨堂・チェコ共和国

a2016-3-6kutonahora (1)

クトナー・ホラのセドレツ地区にあるのが世界的に有名な納骨堂で、人骨でできたシャンデリアやピラミッド、十字架、紋章などの一風変わった装飾品の数々は世界中の訪問者を感嘆させている。
※セドレツ地区全体が世界遺産に指定されている。

a2016-3-6kutonahora (2)

現在のように装飾されたのは、1870年以降のことで、木彫家『フランティシェク・リント』という人物の仕事のおかげである。内装制作を依頼されたが、それは木材ではなく、なんと納骨堂に納められていた人骨を用いるというものであった。

a2016-3-6kutonahora (3)

a2016-3-6kutonahora (4)

a2016-3-6kutonahora (5)


youtube link



youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する