お騒がせのロブ・フォード前トロント市長、がんで死去 46歳

a2016-3-23robusi (1)

コカイン騒動でお騒がせのロブ・フォード前トロント市長が、がんとの闘病の末、22日に死去した。46歳だった。フォード氏は現職当時、喫煙タイプのコカイン「クラック」の使用が発覚してメディアの注目を集めていた。クラックの使用を認めつつも辞任を拒否し、世界中から悪評を買った。
2014年には再選を目指して立候補する意向を示していたが、がんと診断されて出馬を断念し、兄のダグ・フォード氏が代わりに立候補した。しかし、兄のダグ・フォード氏は選挙で敗れてしまった。

a2016-3-23robusi (2)

a2016-3-23robusi (4)

a2016-3-23robusi (6)


liveleak link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する