自殺を図り、ライオンの檻に侵入・チリ

a2016-5-22tiri (1)

21日、チリの首都サンティアゴにあるサンティアゴ動物園で、男が自殺を図ってライオンの檻に侵入した。この騒動を起こしたのは20歳の男性で、ライオンの檻に入るのにロープを使った。
ライオンは本能的に男に襲いかかった。動物園では男を保護するため、やむを得ずライオン2頭を殺処分した。麻酔銃という方法もあったかもしれないが、麻酔銃では間に合わないと判断したらしい。ライオンにとってはとっても迷惑なことで、彼らには何の落ち度もなく、思わぬとばっちりを受けてしまった。男は重傷を負い病院に搬送された。

a2016-5-22tiri (2)

a2016-5-22tiri (3)

a2016-5-22tiri (4)


youtube link



youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する