仲間の死を悲しむロバたち・オランダ

a2016-6-11donnki (1)

オランダにあるロバたちの聖域「ドンキーファーム財団」、ブラムが高齢のために十分な世話ができなくなった所有者から救出されてここにやってきたのは一年半ほど前、その時から体調はあまり良くはなかった。
スタッフは、薬と多く愛情を彼に与えて看病したが、ついに再び立ち上がることができなくなった。

a2016-6-11donnki (2)

ブラムが亡くなった日、ロバたちが集まって来た。彼に最後の別れを告げるために。
この施設では、ロバが亡くなるたびに同じように死を悲しみ、集まってくるシーンが見られるという。どのロバも過去に辛い生き方を強いられてきた。その分、仲間を思いやる気持ちが強いと思われる。

a2016-6-11donnki (3)

a2016-6-11donnki (4)

a2016-6-11donnki (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する