殺人の容疑者が警官から銃を奪おうとした・米オハイオ州

a2016-6-26sisssinatexi (1)

トーマス・ロビンソン容疑者(23)は、6月17日に17歳の少年に発砲し殺害した容疑がかけられていた。シンシナティ警察署の取調室、警官が容疑者の手錠を外そうとしたところ、警官の銃に手を伸ばし奪おうとした。もみ合いが続いたが駆け付けた警官がスタンガンで容疑者を鎮圧した。

a2016-6-26sisssinatexi (2)

容疑者は銃を奪って逃走するつもりではなく、何度も「キル ミー」と叫んでいるので、自殺を図ろうとしたと思われる。また、容疑者は警官が銃持っていることを確認している。
銃を奪うことは、警官に対しての殺人未遂と捉えられてしまう。ロビンソン容疑者は逮捕時に、銃と麻薬を所持していたので、さらに罪が重くなってしまう。

a2016-6-26sisssinatexi (3)

a2016-6-26sisssinatexi (4)

a2016-6-26sisssinatexi (5)


liveleak link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する