驚異の身体能力、垂直なダムに登るアイベックス

a2016-7-20aigekkusu (1)

アイベックスはヤギ属の一種で、主にアルプス山脈に生息する。アルプスアイベックスとも呼ばれている。アイベックスたちは、イタリアのアルプス山脈にあるチンジーノ湖のほぼ垂直なダムに登って壁をなめている。なめる理由は、岩から塩分がしみ出ているからである。毎年夏になると、アイベックスたちはこのダムを訪れる。

a2016-7-20aigekkusu (2)

垂直に近い壁を登れるのは、彼らの蹄にある。アルプスの危険な環境に適応するため、2つに大きく分かれた特殊な蹄を進化させた。蹄の先端は硬いが、中身はゴムのように柔らかくなっている。この構造の蹄で地表面をがっちりとつかみ取っている。

a2016-7-20aigekkusu (3)

a2016-7-20aigekkusu (4)

a2016-7-20aigekkusu (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する