パラシュート無しのスカイダイビング・アメリカ

a2016-8-1sukaidaibu (1)

パラシュートがあってもスカイダイビングは怖いと思うが、なんとパラシュート無しのスカイダイビングを行った男性がいる。男性の名前は、ルーク・エイキンスさん(42)で、映画のスタントマンの経験もあり、スカイダイビングスクールも運営している。

a2016-8-1sukaidaibu (2)

30日、エイキンスさんは、カリフォルニア州シミバレーで上空 25,000フィート (7600メートル)からパラシュートを身に着けずにスカイダイビングし、地上に設置されたネットへの着地に成功した。もちろん人類で初めての快挙である。
地上数十メートルの高さに設置されたネットの一辺は30メートル、着地がネットから外れていたらと思うと、ゾッとしてしまう。

a2016-8-1sukaidaibu (3)

スカイダイビングのプロであるエイキンスさんだが、時速193キロで落下するこの命懸けのチャレンジに1年半を費やして準備してきた。

a2016-8-1sukaidaibu (4)

a2016-8-1sukaidaibu (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する