カナダでのホエールウォッチング・ボートの下に巨大なシロナガスクジラが出現

a2016-8-3whitehoell (1)

加ケベック州タドゥサック、人口1000人にも満たない小さな村である。かつてはこの地の沖、タドゥサック湾は捕鯨の中心地であった。しかし、現在はホエールウォッチングのメッカとなっていて、多くの観光客が訪れる。
ここの港を出て沖に進んだボート、乗っていた人たちがクジラを発見した。クジラは大きく旋回しボートの手前で浮上、体を回転させてボートの下を潜っていった。

a2016-8-3whitehoell (2)

このクジラは地球に現れた生き物の中で最大といわれているシロナガスクジラだった。ボートに乗っていた人々、とても感動したと思うが、恐怖も感じたに違いない。ボートが転覆しなくてよかった。
なお、シロナガスクジラの呼び名は和名で、体が白いわけではなく、水中にいたら白く見えるのでそう呼ぶようになったらしい。英語では、ブルー・ホエールと呼んでいる。

a2016-8-3whitehoell (3)

a2016-8-3whitehoell (4)

a2016-8-3whitehoell (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する