天然キャラの中国女子水泳選手が大人気・リオ五輪

a2016-8-11chinahu (2)

リオデジャネイロ五輪で、競泳女子100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得した傅園慧(ふ・えんけい)選手が大ブレイクしている。もちろん実力もあるのだが、インタビューに応じた時の大げさなリアクション、顔の表情が人気となった理由である。
動画は100メートル背泳ぎの準決勝が終了した後、CCTV(中国国営テレビ)に取材された時の様子である。自己ベストの58.95秒を記録し、「私はそんなに速かったの!?ヒャア!大満足!」とレポーター叫んでいる。
レポーターが「レースは余裕があったのでは?」との質問には「余裕なんてない。もう十分に、目いっぱい出し尽くしました!」とあっさり断言。さらに、「明日の決勝に期待することは?」という質問にも「何もない!もう大満足!」と答えた。これにはレポーターも少し唖然としていた。

a2016-8-11chinahu (1)

20歳の傅選手は今年になって記録を伸ばしている。2012年ロンドン五輪にも出場しているが、8位で終わった。しかし今年、ロシアで行われた世界水泳の50メートル背泳で優勝している。
リオ五輪の決勝は同タイムで3着、金に届かなかった理由について、腕が「かなり短かったから」とメディアの取材に答えている。

a2016-8-11chinahu (3)

中国の選手といえば、日本の柔●選手と同じように、「金メダルでなくて申し訳ない」みたいな、競技至上主義的なコメントしかなかったと思う。ところが彼女は違っている。自分の感情を豊かに表現している。
昨年あたりから彼女は活躍を仕出したのだが、傅選手の天然キャラも少しずつ明るみになり、中国では話題を集めていた。ところが、一気に世界的なスターになってしまった。

a2016-8-11chinahu (4)

a2016-8-11chinahu (5)


youtube link


水泳世界選手権に傅選手がCCTVのインタビューに応えた時の動画では、傅選手が水着を整えようとすると、思いのほかゴムがきつくてバシッ!「痛っ!」と、顔をこわばらせており、その表情がとてもおもしろい。
また記者からの「海外の女性選手は、夫が試合に付き添っているのを見て、羨ましく思うか?」という質問には、当時19歳の彼女は、「19年間ずっと彼氏もいないので、そんな楽しみはよく分からない」と答えている。


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する