中国の張家界で、世界一高くて長いガラス底の橋が開通した

a2016-8-21tyoukakai (1)

中国の景勝地である張家界に、20日、世界で最も高くて長いガラスの橋が開通した。橋が架けられているのは地上300メートルの高さで、橋の長さは430 メートルもある。二つの山を結ぶこの橋の幅は6メートル、底には透明なガラス板が敷き詰められている。
橋を渡ることができるのは1日8000人限定らしい。通行料金は138元(約2100円)、ヒールの細い靴の着用は禁止されている。

a2016-8-21tyoukakai (2)

中国では昨年、ガラス張りの「空中遊歩道」に亀裂が入ったという出来事があった。それをうけ張家界の当局は、安全性をアピールするため、ハンマーで橋のガラス板の打ったり、橋の上で車を走らせたりするなど、数々のイベントを行ってきている。

a2016-8-21tyoukakai (3)

a2016-8-21tyoukakai (4)

a2016-8-21tyoukakai (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する