ヘビースモーカーのチンパンジー・北朝鮮

a2016-10-22tiibannzi (1)

北朝鮮のタバコを吸うチンパンジーが話題となっている。このチンパンジーは、首都ピョンヤンの中央動物園で飼育されている19歳のメスで、自分でタバコに火をつけることができる。檻の中にはタバコの自販機がないので、飼育員が彼女にタバコとライターやマッチを与えている。知能の高いチンパンジーなので、タバコに火を点けることは難しいことではない。

a2016-10-22tiibannzi (2)

動物園側は、チンパンジーはふかしているだけで肺には入れていないと主張しているが、煙の一部は吸い込んでしまうと思われる。動物虐待にあたると思うが、人間に対しても虐待をしている北朝鮮では、さほど問題にはならないらしい。

a2016-10-22tiibannzi (3)

ピョンヤンの中央動物園は1959年に設立され、今年の7月にリニューアルオープンされている。オープン後はピョンヤンの最新レジャースポットとなっていて、連日多くの入園者でにぎわっているという。

a2016-10-22tiibannzi (4)

a2016-10-22tiibannzi (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する