とってもとってもフレンドリーなキツネ・イギリス

a2016-11-29huranndori-fox (1)

いつかどこかで、あなたは新しい親友に出会うかもしれない。しかし、それは全く予想できない。
ヘンリー・ホフマンさんがロンドン市内を散歩していた時、どこからともなく一匹のキツネが現れた。キツネは、ホフマンさんのバックが気に行って咥えてしまう。バックを持ち上げても放そうとはしない。
キツネはバックで遊んだあと、ホフマンさんの膝にもたれかかってきた。頭をなぜると眠ってしまいそうになる。
ホフマンさん、新しい親友と出会えたが、永遠の友情?とはならなかったようである。キツネは去っていった。でも、また会えるかも。

a2016-11-29huranndori-fox (2)

a2016-11-29huranndori-fox (3)

a2016-11-29huranndori-fox (4)

a2016-11-29huranndori-fox (6)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する