生きた化石のウミシダがひらひらと泳ぐ姿・見とれてしまう!

a2016-12-14ymisida (1)

ウミシダは、2億年も前から生存しているので、生きた化石である。この名前は、羽根のような腕を広げる姿がシダ類に似ているのでウミシダと呼ばれている。棘皮動物(きょくひどうぶつ)に属しているのでウニ、ヒトデの仲間である。
今回の美しく優雅でかつ不思議な映像は、オランダのプロダイバーがタイの海で撮影したものである。どう見ても鳥の羽が動いているようにしか見えない。

a2016-12-14ymisida (2)

a2016-12-14ymisida (3)

a2016-12-14ymisida (4)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する