FC2ブログ

世界各国の「泣けるCM」 パート2

a2013 12 17-jhyfuyfuigiujh

赤ちゃんと両親、人間とペット、友人との数十年ぶりの再会といったテーマには、特別な感情をもたらす力がある。この3分たらずのCMは、ハリウッドの長編映画よりすごいかもしれない。
2013年の「泣けるコマーシャル」13本の残り7本をご紹介。 


◆Skype




◆Google India:インド




◆ダートマス・ヒッチコック医療センター小児病棟:米国




◆「Water is Life」(水は生命)




◆Bernas社:中国




◆バドワイザー:米国




◆シンガポール教育省



source
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する