未熟児だったカバの赤ちゃん、初めて水に入る

a2017-2-14fanao (1)

先月24日、シンシナティ動物園で未熟児のカバの赤ちゃんが生まれた。フィオナは生まれた時の体重が13キロで、これは通常のカバの赤ちゃんの重さが最低でも25キロはあるので、半分以下のサイズである。
手厚いサポートで彼女は順調に育ち、水にも入れるようになった。体重も18キロになったが、母親のビビの元に戻すまでにはまだまだサポートが必要である。

a2017-2-14fanao (2)

a2017-2-14fanao (3)

a2017-2-14fanao (4)

a2017-2-14fanao (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する