『スパイ・イン・ ザ ・ワイルド』のロボット

a2017-2-24supay (1)

BBCの動物ドキュメンタリー番組『Spy in the Wild(スパイ・イン・ ザ ・ワイルド)』に使われているロボットは、実に精巧な仕上がりとなっている。動物たちに警戒されたらその使命を果たさないことになるからである。このリカオンだが実に24個所もの可動パーツを持っていて、スムーズで自然な動作をする。野生のリカオンが近づいてきたら、前足を折り、頭を低くして歓迎のポーズをとる。尻尾を振ったり、鳴いたりもする。

a2017-2-24supay (2)

このロボットはロンドンの小さなスタジオで製作されている。制作チームがそれぞれの分野に分かれ、完成までに数カ月を要する。エレクトロニクスの塊ともいえるロボットの最後の仕上げはジョン・ノーランさんという特殊メイクアーティストが行なう。彼はハリウッドでのキャリアがあり、多くの有名な映画に携わってきた。

a2017-2-24supay (3)

a2017-2-24supay (4)

a2017-2-24supay (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する