史上最も笑わせてくれたベネズエラのスキーヤー・でもガンバレ!

a2017-2-26benezeira (1)

22日、フィンランドのラハティでクロスカントリースキーの世界選手権が行われた。その予選で代表選手とは思えぬ滑りで、転倒を繰り返した選手がいた。彼の名前は『エイドリアン・ソラノ(22)』、南米ベネズエラのスキー選手である。ベネズエラ?
彼は南国で育ったが、スキー選手に憧れた。雪のない国でローラーの付いたスキーで特訓をし、大会の約一か月前には雪上練習するためにスウェーデンに向かった。ところが立ち寄ったフランス・パリの空港で、強制送還されてしまった。警察は彼を不法に移住しようとしているとみなした。スキー選手だと説明しても、ベネズエラにスキー選手がいるはずがないと相手にされなかった。泣く泣く彼は引き返した。これで、一カ月間の雪上練習はできなくなった。

a2017-2-26benezeira (2)

その後、何とかフィンランドにたどり着いたエイドリアン・ソラーノ選手、ぶっつけ本番でレースに参加したが、転倒を繰り返し、ゴールすることはできなかった。しかし、笑顔で大会に参加していた姿が世界に放送され、多くの人が声援を送った。新たなスターが誕生した。平昌オリンピックではガンバレ!

a2017-2-26benezeira (3)

a2017-2-26benezeira (4)

a2017-2-26benezeira (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する