パイソンと格闘している14歳の少年・オーストラリア

a2017-2-26o-sutoraria (1)

オーストラリアの生き物はコアラやカンガルーなどの有袋類だけではない。ヘビの存在を忘れてはいけない。この国には猛毒を持つヘビ21種を含め、およそ140種のヘビが生息している。オーストラリアは常に身近かにヘビがいる。そのことを象徴しているのがこの動画で、14歳の少年が車に潜り込んだヘビを捕まえている。
クイーンズランド州セブンティーン・セブンティーで、家族の車にヘビが潜り込んでいた。ヘビはパイソン(ニシキヘビ)で、体長は2メートルもある。毒は持ってはいないが、危険な生き物であることに変わりはない。少年は素手でパイソンと格闘、そして無事に捕獲に成功。少年は登校前だという。これはオーストラリアの日常だろうか?

a2017-2-26o-sutoraria (2)

a2017-2-26o-sutoraria (3)

a2017-2-26o-sutoraria (4)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する