サファリーパークでラマに襲われた少年

a2017-3-22rima.jpg

ラマは南米のボリビアやペルーの山岳地方で古くから家畜として飼われている。癒し系の平和主義者だと思っていたが、どうやら少年を襲ったらしい。
先日、ジェンセン一家がテネシーサファリパークに出かけた。このサファリでは広大な敷地に多くの草食動物が飼育されていて、小さなバケツで動物たちに餌を与えることができる。動物たちも慣れていて、車の窓から首を入れて食べる強者もいる。それで犠牲になった少年が出てしまった。
この少年はトラウマにならなかったのかな? 大丈夫だったようだ。

a2017-3-22raima (2)

a2017-3-22raima (4)

a2017-3-22raima (5)


youtube link



youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する