フグはとってもロマンチストなアーティストだった

a2017-3-30hugu (2)

オスのフグはメスへの求愛活動として、海底の砂の上にミステリーサークルを作っていた。
このフグの名前はアマミホシゾラフグ、体長15センチほどで奄美大島付近に生息している。海底の不思議なミステリーサークルの方が先に知られていて、制作者の発見は2012年である。
ミステリーサークルは直径2メートルにもなり、オスのアマミホシゾラフグは約一週間かけて、ヒレを使って幾何学模様を作り上げる。これはオスが作る巣(産卵床)である。後はメスがこの作品を気に入ってくれたらハッピーエンドとなる。

a2017-3-30hugu (3)

a2017-3-30hugu (5)

a2017-3-30hugu (7)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する