ピラニアが人を襲う アルゼンチン

a2013 12 29-uhgfuyf+96+647ik (10)

アルゼンチン北部の人気避暑地となっている川で、クリスマス休暇で訪れた水遊び客が魚にかまれ、70人以上がけがをした。医療当局者が26日明らかにした。

a2013 12 29-uhgfuyf+96+647ik (11)

魚の群れが人を襲ったのは、首都ブエノスアイレスから北に約300キロ離れたロサリオ市を流れるパラナ川。地元救急隊の責任者によると、この魚はピラニアの一種で、7歳の女児が手の指を一部かみ切られたほか、数十人が手足に咬傷を負った。
同責任者は「これは普通ではない。今回のケースは人数が多い。例外的な出来事だ」と語った。

a2013 12 29-uhgfuyf+96+647ik (7)

a2013 12 29-65465olkpok (2)


source

ピラニアの写真
a2013 12 29-uhgfuyf+96+647ik (12)

a2013 12 29-uhgfuyf+96+647ik (9)

動画をもう一本

source

※このような事故が起こった原因だが、現地の報道によれば、その日のロサリオ市の気温は38度。水温が高くなったので、ピラニアが移動してきたらしい。

source



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する