犬と猿が親子になった・コロンビア

a2018-2-20omakizaru (2)

コロンビアのカルタヘナで、子犬を亡くした雑種犬が幼いオマキザルの世話をしている。オマキザルは生後間もなく孤児になったのか、あるいは、ペットとしての需要があるので、人間に捕らわれたのかもしれない。
数ヵ月間、犬はサルを背中に乗せて育児をしている。地元住民の間では、二匹はもう切り離すことができないのではと話題になっている。
人がこのペアに近づくと凶暴になるために、警察が保護をした。警察はサルを野生に戻すつもりである。しかし動物学者は、このサルは野生の生き方を知らず、種によって拒絶される可能性があると懸念を表明している。
見た目ではとっても微笑ましいこの親子だが、今後はどうなるのだろう?

a2018-2-20omakizaru (4)

a2018-2-20omakizaru (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する