巨大なクルーズ船がどのように建造されたか

a2018-2-27purima (1)

船名は「アイーダ・プリマ」、イタリアのコスタ・グループ傘下のアイーダ・クルーズ社が日本の三菱重工業に発注した豪華大型客船である。戦艦「武蔵」を建造したことでも有名な長崎造船所で作られた。
「アイーダ・プリマ」は総トン数約12万5,000トン、全長300m、旅客定員3300名、18のデッキを有する次世代クルーズ船。
建造途中で何度か火災が起きるというトラブルに見舞われ、完成まで約4年の年月を要している。

a2018-2-27purima (2)

a2018-2-27purima (3)

a2018-2-27purima (4)

a2018-2-27purima (5)


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する