古代ローマの剣闘士訓練所をCGで再現・ オーストリア

a2014-3-1kiugiug3676iiuiuiui (2)

英考古学専門誌Antiquity(アンティクィテイ)は、オーストリア・ドナウ川河畔でほぼ完全な姿を残したまま発見されたローマ時代の剣闘士たちの訓練所跡が、最新技術を用いてバーチャル上で再現されたと発表した。

首都ウィーンに近いカルヌントゥムで2011年に発見されたこの遺跡は、空中写真測量や電磁誘導探査、地中探知レーダーといった、発掘作業を伴わない手法で遺跡の配置構造を把握し、コンピューター・グラフィックを用いて再現された。

a2014-3-1kiugiug3676iiuiuiui (3)

遺跡の調査と再現に携わったオーストリア、ベルギー、ドイツの考古学者らで構成される研究チームは、この「学校」は規模の点で、ローマの古代遺跡コロッセオの裏にあった有名な剣闘士の訓練所「ルドゥス・マグヌス」に引けを取らないと述べている。

研究チームによると、古代ローマ帝国には100もの訓練所が存在したと考えられているが、そのほとんどは破壊されたか、建て替えられてしまったという。

古代ローマ帝国の時代、上パンノニア州の州都だったカルヌントゥムは、琥珀(こはく)の重要な貿易拠点として栄えた。

a2014-3-1kiugiug3676iiuiuiui (1)

19世紀後半から20世紀前半に行われた発掘により同地では、古代ローマ帝国の軍団が駐屯した要塞や街などの遺跡群が発見されている。

カルヌントゥムの考古学公園では現在、ハイデントーアと呼ばれる有名な門の遺跡のほか、円形競技場の跡や浴場を目にすることができる


youtube link

source
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する