FC2ブログ

伝統の炎の祭り「キエンベーゼ」・スイス

a2014-3-111737624_pic_970x641654+654+6.jpg

ドイツやフランスとの国境に近いスイス・バーゼルラント準州の小さな街リースタル(Liestal)で9日、ほうきのように束ねたまきを燃やす伝統の炎の祭り「キエンベーゼ」が行われた。

a2014-3-111737626_pic_970x6416+9444+45+944584.jpg

この祭りが初めて行われたのは1902年。キエンベーゼとは、箒(ほうき)のように束ねられたまきの意味。40キログラムから70キログラムのキエンベーゼを抱えて通りを練り歩く。また、燃え上がる屋台が観客を魅了する。当然、万一の場合に備え、消防団が常に監視・待機している。

a2014-3-111737630_pic_970x641.jpg

a2014-3-111737628_pic_970x641.jpg

a2014-3-111737632_pic_970x641.jpg

a2014-3-111737634_pic_970x641.jpg

a2014-3-111737636_pic_970x641.jpg

source


youtube link
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する