インドのレストラン・棺桶の傍で食事・店の名前はニュー・ラッキー

a2014-3-24article-2587258-1C82681A00000578-430_634x417.jpg

インドのアフマダーバードにあるレストランで、レストラン内の客は棺桶の傍で食事を取っている。
このレストランは「ニュー・ラッキー」という名前で、墓地にオープンさせた。


a2014-3-24article-2587258-1C8269FA00000578-958_634x414.jpg

レストランのオーナーは、来店したお客様に「ユニークな体験」を提供するため、12の棺桶を残したままでレストランを経営している。この棺桶は鉄格子で囲ってあり、すぐその傍に食事用のテーブルが置かれている。

a2014-3-24article-2587258-1C82686400000578-463_634x419.jpg

オーナーは「お墓が確かに幸運を運んできてくれた。お客さんは恐れないばかりか、お蔭様で商売繁盛している。客層も老若男女様々だ。」という。
同氏によると、尊重の意を表すため、毎日オープン前には、お墓の掃除や献花をするという。

a2014-3-24article-2587258-1C8267E800000578-143_634x418.jpg

a2014-3-24article-2587258-1C8268CE00000578-376_634x417.jpg

source


youtube link
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する